GentooのターミナルにRictyを導入した

Rictyのいれ方。

前提

  • WMはGNOME3
  • ターミナルはGnome Terminal

手順

こちらの通り。

$ emerge fontforge

### 一時的な作業ディレクトリ作成
$ mkdir ricty
$ cd ricty

### 必要なフォントファイルをDL
$ wget https://github.com/google/fonts/raw/master/ofl/inconsolata/Inconsolata-Bold.ttf
$ wget https://github.com/google/fonts/raw/master/ofl/inconsolata/Inconsolata-Regular.ttf

### Migu DL
$ wget https://osdn.jp/projects/mix-mplus-ipa/downloads/63545/migu-1m-20150712.zip
$ unzip migu-1m-20150712.zip
$ cp migu-1m-20150712/migu-1m-*.ttf ./

$ wget http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty/ricty_generator.sh
$ wget http://www.rs.tus.ac.jp/yyusa/ricty/os2version_reviser.sh
$ chmod 755 ricty_generator.sh os2version_reviser.sh
$ ./ricty_generator.sh auto

$ ./os2version_reviser.sh Ricty*.ttf

これでRictyは作れる。 が、生成したRictyにPowerline用のパッチを当てたかったので、以下も行った。

$ git clone https://github.com/Lokaltog/powerline-fontpatcher
### Ricty-Regularか、Boldか、Diminishedか、好きなのを選ぶ
$ fontforge -lang=py -script ./powerline-fontpatcher/scripts/powerline-fontpatcher Ricty-Regular.ttf
### ファイル名にスペースが入ったttfができあがるのが気持ち悪いのでリネーム
$ mv Ricty\ Discord\ Regular\ for\ Powerline.ttf Ricty_Discord_Regular_for_Powerline.ttf

これでpowerline用のフォントが出来上がる。 あとは、

$ cp -f Ricty*.ttf ~/.fonts/
$ fc-cache -vf

で、フォントの準備はOK。

あとはgnome-terminal側で、Preferecnes -> Profile -> Custom fontで設定する。