Gentooの初期設定

Gentooの初期設定をメモる。

ネットワーク周りについては、色々ハマったのでこちらに書いた。

ユーザ作成

% useradd -m -G users,wheel,audio -s /bin/bash ユーザー名
% passwd ユーザー名

sudo導入

sudoがないとなにもできない。

% emerge sudo

### 設定
% visudo

### ここのコメントアウトを外す
%wheel   ALL=(ALL)   NOPASSWD: ALL

これにより、wheelグループに入っているユーザはsudoできるようになる。

sshdを導入

sshdを入れて、Macからsshで入って作業できるようにする。(色々と便利なので。) sshd自体はデフォルトで入っていた。

### 起動時にsshdをあげる
% rc-update add sshd default
% rc-service sshd start

### 作っておく
% mkdir ~/.ssh

まずはMac側で作業。

$ cd ~/.ssh
$ ssh-keygen -t rsa -f gentoo_rsa
$ scp ./gentoo_rsa.pub ユーザー名@gentooホストのIP:~/.ssh

Gentoo側で作業

$ cd ~
$ chmod 700 .ssh
$ cd .ssh
$ cat gentoo_rsa.pub >> authorized_keys
$ chmod 600 authorized_keys
$ rm -fv gentoo_rsa.pub
$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config

以下のようにする。

PubkeyAuthentication yes
AuthorizedKeysFile     .ssh/authorized_keys
PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no

sshd再起動

$ rc-service sshd restart

Mac側でエイリアスを設定する。

$ vi ~/.ssh/config
Host gentoo
  User ユーザ名
  HostName IP
  IdentityFile ~/.ssh/gentoo_rsa

これで、Macから ssh gentoo で入れるようになる。

NTP導入

ntpdをあげておく。

$ rc-service ntpd start
$ rc-update add ntpd default

zsh導入

zshにしておく。

$ emerge --ask app-shells/zsh
$ emerge --ask app-shells/zsh-completions

初期設定

### .zshrcはお好みで。
$ touch ~/.zshrc
$ chsh -s /bin/zsh

git導入

emerge --ask dev-vcs/git