4ヶ月ぶりに東京に行って思ったこと

久しぶりに東京に行った

普段はリモートワークをしているけど、たまには集まって仕事をしようということで、1週間東京(渋谷)に行った。 その時思ったことをまとめておく。

札幌の街とぜんぜん違う

普段札幌に住んでいて、町並みがきれいだな〜とか思っていたんだけど、それを改めて実感した。 渋谷の街はゴミが多くて、店構えが雑多で、街に統一感がなくて、その場その場で大きくしていった感じがした。 常にどこか工事していて、そのせいで歩行者は不便を強いられていた。 大体このあたりはこういう場所、というのが決まっていなくて、人の導線が適切に設計されていなかった。

統一感がないということ

この街はこういう街にしよう、という設計がないと感じた。古びた部分と先進的な部分が混ざり合っていた。 これは、おしゃれなのに靴だけ汚い人、みたいなもので、個人的には好きじゃない。住んでる人もいたり、学生が集まる街であったり、 おしゃれな街でもあったり、古い店がたくさんある街でもあったり、見るべきものが多すぎて、息が詰まる、ということを 生まれて初めて感覚として覚えた。

不自然に緑がある

絶対こんなところに木が生えてたらおかしいでしょ、というところに木が生えていたりする。花が不自然に咲いていて、誰にも手入れがされてなくて、 ただ人間のために植えられている、という感じがした。

渋谷だからOK.になっている

一見おしゃれなお店でも、床がベタベタしていたり、トイレが汚かったりする。 渋谷に出店しているからOK,と思っているのかな〜と思った。

札幌は良いところだと思った

札幌は、札幌駅のあたりはこう、すすきのの方はこう、と決まっているのがいいな〜と思った。 無駄な要素が削ぎ落とされているところが好きだと思った。

あと、東京が別に嫌いなわけではない。東京にはいいところがたくさんあるのを知っている。個人の好みの問題。