表題について学んだ。

chrootの前に以下のようなコマンドを叩くことが多い。

### mount -t proc proc /mnt/gentoo/proc
### mount --rbind /dev /mnt/gentoo/dev
### mount --rbind /sys /mnt/gentoo/sys

これはなんなのかいまいちわかっていなかったので学んだ。

結論

結論としては、 /proc /dev /sys を、chroot後にも見えるようにするための処理だった。 そもそも mount コマンドはあくまでファイルシステムをマウントするためのコマンド。 mount -t mount --rbind みたいにするとそれぞれ、ファイルシステムを指定してマウント、ディレクトリをマウントができる。 シンボリックリンクを張ってるみたいなものらしい。