2月から株式会社MMMに転職した。 サーバーサイドを担当して、結構楽しくやっている。 リモートワークについて、思ったことや変化を書き留めておく。

コミュニケーションコストは特に高くない

リモートワークはコミュニケーションにコストがかかる、とよく言うが、そうでもないと思う。というか、普通の出社するタイプの会社も、別にコミュニケーションコストが低いわけではないと思う。 基本的に、人に話しかけるという行為はまあまあ気を使う。相手が忙しそうだったり、機嫌が悪そうだったりしたら、タイミングを外す必要があるため。 しかし、チャットベースの非同期コミュニケーションは、話しかけるコストが低いと感じている。相手の様子がわからないし、相手が忙しそうでも「あとで見ておいてください」と書き置くだけでよい。 それは、話しかけられやすいことと同じでもある。 相手が今なにやっているかわからないので、相手の時間を奪わないか気を使う。なので、話しかけられると、基本的には後にしてくれと言いにくい。後にできないから今話しているんだろうと想像できるから。 ちなみに、弊社は通話時カメラをオフにしている。これはちょっとびっくりした。

仕事のやり方

自分自身をマネージメントできること は必須の能力だと感じている。曖昧な言葉だけど… 具体的に言うと、 * 任されたことが自分にできるかを判断できる(自分はなにができてなにができないのかを自覚できる) * 任されたことをいつ終えられるか判断できる * できないときや終わらないときに適切な対応ができる。 このあたりだろうか。いずれもリモートワークとか関係なく、仕事の基本的なやり方ではあるが、リモートワークは(特にエンジニアの仕事は)他人から見て仕事が進んでいるのか、今全体の何%終わっているのかわかりにくい。そこを知りたいと思っている人がいるはずなので、その人に知らせてあげることができるかは大事。

雑談が減る

出社するタイプの会社は、天気のことや食事のことなど、雑談がしやすい。しかし、リモートワークは雑談がしにくい。前述の通り、相手が今忙しくないかと考えると、無駄な話がしにくい。 弊社ではいくつか雑談が発生するような仕組みを作っているので、すごくいいな〜と思っている。

個人的なこと

北海道に引っ越した 転職して2ヶ月も待たずに、東京から北海道に引っ越した。 単に好きで引っ越したが、かなり快適で最高、という感じ。 こればかりはリモートワークでないと難しいと思う。 文鳥のひなを飼えた 文鳥のひなは人の手で1日3~4回餌をやらなきゃいけないので、毎日出社しているとけっこう難しい。かわいい。

リモートワークって結局どうなのか

会社ごとに違うので、そんな簡単には言えない。 自分は満足している。