息継ぎ

最重要ポイントは息継ぎだった。 息継ぎに失敗すると酸欠になってフォームが乱れる。 口ではなく肺に息を入れる必要がある。 そのためには、気道が確保されていること、息が吐き切られていることなどが必要になる。 マラソンで疲れても顎を引いて走る必要があるのと同じで、 息継ぎ時も顔はあくまで横に向ける必要がある。 また、水中で息を吐き切ることも大事で、これに失敗すると息が吸い込めない。

フォーム

水の抵抗を減らすためには、水中で一本の線のようになる必要がある。そのためには、下半身を上げる必要がある。 下半身には肺のような空洞が存在しないので、放っておくと勝手に下がってくるので、それを抑制するためにバタ足をする。 やってみた感じ、バタ足の目的は下半身が下がらないようにすることっぽい。 あと、膝を曲げないことも大事で、膝から動かそうとすると太ももを緊張させる必要が生じる。 すると、下半身が疲れてしまう。 力を抜いて、足の付け根から動かす。

KPT

Keep

水中で顎を引き、顔を横に向けて息継ぎをする 膝を曲げずにバタ足を行う

Problem

6ビートができない 腕で水をかく動作が遅い気がする

Try

水中を歩くコースで、6ビートの練習をする 腕で水をかく速度を上げたいので、タイムの目標を設定する 100mを2分で泳ぐ

その他

今日は100mを10本泳いだ。 結構終盤は疲れた。 自分は早く泳ぐことにはそんなに興味がなくて、 100mを1時間で20本泳ぐ、みたいなことをしたい。 あと、mizunoのスイムタオルを買ったんだけど、 この商品はすごい。 あっという間に吸水するし、絞れば一瞬で乾く。本当にすごい。

まとめ

水泳楽しいので、しばらく続けます。